脳卒中から助かる会とは?

横浜市立脳卒中・神経脊椎センター(旧 脳血管医療センター)の患者・家族有志が、救急救命からリハビリテーションまでの一貫した機能の存続を求め、2005年5月15日、市民団体「脳卒中から助かる会」を発足しました。
命を救われた自らの体験を伝えながら、会員を募り、横浜市・国への提案や要望を行っています。

要望一覧

「脳卒中から助かる会」の要望に対する横浜市長の回答について
1122_2023

横浜市脳卒中救急医療体制の運用改善を求めて(横浜市長への要望)- 回答
1116_2023

横浜市長への要望書
1020_2023

横浜市への要望書提出とその後の報告
0630_2019

横浜市の脳卒中救急医療体制推進の要望について(回答)
1221_2018

横浜市長への要望書
1221_18

横浜市の脳血管疾患に対する取組

2023年4月1日現在

ニュース

横浜市の脳血管疾患に対する取組
1012_2023

横浜市 公開情報_最新-2019年6月
0622_2019

脳卒中市民講演会
0223_2019

welcome

669
MENU